お付き合いの保険を解約できないと決めつけないで!頭の中を整理すればすっきり解決します!!

お付き合いで入った保険は解約できない、とか、しづらい、と決めつけていませんか?

保険募集人だった私だから言えること、悩んでもやもやしているのに、その保険に入り続けますか?

解約する?しない?どちらにしても、頭の中を整理してすっきり解決できるようにいたします^^

あなたは誰のために、保険料を支払っているのですか?

 

解約したいと思っている保険の種類は何ですか?

生命保険を解約したい

そもそも、生命保険って何のために入るの?と思いますよね?

生命保険の種類は大きく分けて下記3つです。

  1. 定期保険・・・いわゆる掛捨てと言われる保険です。⇒月々の負担が少なく大きく保障
  2. 養老保険・・・保険と貯蓄が兼ねそろった保険です。⇒貯蓄を兼ねているので保険料は高い※1
  3. 終身保険・・・一生涯補償する保険です。⇒亡くなったときに保険金が支払われるのでその分保険料も高い

もし、貯蓄が潤沢にあり、万が一の病気の時にも、医療費の支払いが余裕でできるということであれば、保険に入る必要はありません。

貯えのない方が、急な病気やけがの時、または亡くなったときの葬儀や相続税等、急に発生する費用を、生命保険の保険金でカバーすることが目的と言えます。

いずれにしても、家計とのバランスが大事なので、万が一の時に困らないように、保険でカバーするのか?貯蓄でカバーするのか?決めておくとよいと思います。

 

損害保険を解約したい

生命保険の他に、損害保険にも入っていることと思います。

損害保険は、かなり沢山の種類がありますが、一般的には下記の保険に入っている方が多いと思います。

特に1.自動車と2.火災は、事故の際の負担が高額の為、必須とお考えになった方は良いです。

  1. 自動車保険・・・特に対人、対物は、数百万~億となるため必要と考えます。
  2. 火災保険・・・失火責任法により、火事の場合は、自分の家は自分で守る必要があることと、火事以外の事故の場合は、家を借りている方は、大家さんへ、大家さんは、借りている方へ、それぞれ賠償する義務があり、高額になる可能性があるので、必要です。
  3. 傷害保険(けがの時の保険)・・・けがの時の保険なので、ケガのリスクが高いお子様(小さいお子様や自転車通学している学生)向けの保険です。

自動車保険は、現在では保険料の安いネット保険もありますので、殆ど近所へ買い物や、お子様の用事のみでしか車を使わない方は、ネット保険でも良いと思います。

ドライブ好きで、遠出もする方は、ネット保険ではカバーが足りない場合もありますので、しっかり補償やサービスを確認したいところです。

 

火災保険は、持ち家の方の場合、家を建てたり、購入した際の、住宅ローンを組んだ際に、一緒に入っている場合が殆どだと思います。

保険が古い場合は、一度内容を確認した方が良いと思います。

住宅ローンとセットではないので、火災保険を解約して、新たに自分で決めた火災保険に入ることができます!

解約返戻金が戻りますので、見直して、負担の少ない保険にかけ替えるのも、良いかもしれません。

 

なぜその保険を解約したいのですか?

保険料が高くて負担だから

入っている生命保険や損害保険の保険料を毎月支払っている方は、負担に感じていると思います。

保険の中身が、今のライフスタイルにマッチしているかどうか、診断してもらうことをお勧めします。

保険の見直しは、ファイナンシャルプランナーの方にお願いするとよいと思います。

保険の中身がよくわからなくて無駄に感じたから

保険はとにかく複雑で難しいため、ファイナンシャルプランナーへ相談するのが良いと思います。

その際には、ネットなどで、保険の一括見積や保険の見直しなどのサービスを利用すると、良いと思います。

ネットからでしたら、しがらみがないので、納得がいくプロの方と出会うまで、色々試してみるとよいと思います。

保険の見直しをしたら掛替を勧められたから

保険の見直しをしてもらったということであれば、アドバイス通りに、解約が必要な保険は解約しましょう。

もっと安い保険があるような気がするから

生命保険を解約する前に、保険の見直しを信頼できる保険の営業の方や、ファイナンシャルプランナーの方に依頼して、納得できる提案をもらってから、必要のない生命保険を解約しましょう。

追加の保険を迫られて、本当にいいのか不安だから

 

お付き合いで入った保険、保険屋さんとの関係性は?

保険の仕事をしているママ友から保険に入った

このケースは断りづらいと思いますよね・・・

信頼できる方であれば、家計の見直しの為、保険を見直したいと相談するとよいと思います。

見合った保険の提案ができなければ、そのママ友も無理は言わないはずですし、ごめんなさいと言えるはずです。

しかし、保険料が負担なのでやめたい・・・と言いづらい相手もいますよね。。。

そのママ友と、縁が切れてもいい!と思ったとしても、子供が仲良しだったり、部活やお稽古で関わっていて、ちょっと立場的に断りづらい方だったり・・・

そんな時は、下記の口実でお断りするのはどうでしょう?

  • ご主人が保険をやめるように言っている・・・と、いうことにする。
  • ご主人の親戚付き合いの関係で、保険に入ることになったが、詳しいことは主人に任せているので、とりあえずこちらは解約ということにする。
  • ご主人の会社絡みで、保険に入ることになったということにする。

上記の様に、優先すべき必要がある関係性の人を出せば、相手も仕方ないと思ってくれるのでは?

 

保険の仕事をしている学生時代の友人から保険に入った

学生時代の友人で、社会人になりたての頃入った保険の場合、積み立てを兼ねた養老保険などの場合は、そのまま置いておいた方がお得な保険の場合があります。

その友人との関係が、今でも仲良く信頼できる関係であれば、保険料が負担になっている旨相談できるはずです。

しかし、その相談ができない相手であれば、関係性も必要ないと考えてもよいのではないでしょうか?

お断りの理由は、なんとでも言えます!

上記の様な感じでよいのではないでしょうか?

保険の仕事をしている親戚から保険に入った

親戚から保険に入り、断りづらいと思っているということは・・・

結構お世話になっている方ということなのでしょうか?

でも、その保険は本当に家計を圧迫していて、必要のないものだということでしたら、その旨をお伝えしてもよいのではないでしょうか?

余計な気遣いをしていませんか?

または、親を介してお断りしてもらうとか・・・

いかがでしょうか?

会社経営しているご主人の知り合いの保険屋さんから保険に入った

その知り合いの保険屋さんと、ご主人との関係性によると思います。

まずは、その保険を必ず解約しなければならないものでしょうか?

保険をやめることによって、ご主人の仕事に支障をきたすものでしょうか?

その場合、その保険がご主人のための保険だった場合は、申込人を会社に変更して、経費で精算するという手段もあります。

ご家族のための保険であれば、保険の仕事を始めった身内から入ることにした・・・とか?

他人より関係性が深い相手を引き合いに出して、お断りしてはいかがでしょう。

お仕事繋がりでお世話になっている保険屋さんから保険に入った

会社を経営しているわけではないけど、仕事繋がりでお世話になっている方に解約は、言いづらいですよね・・・

どのケースの場合も同じですが、その保険は、あなたにとって最適な保険ではないということですか?

何かしらの保険に入っておくのは、大事なことだと思います。

保険=家計圧迫=解約 と一概には言えないのです。

家計が苦しいからこそ、その保険がピンチを救うこともあるからです。

まずは、出費の優先順位から考えて、どうしても解約・・・と決断出ざるを得ない時は、正直に現状をお話してはいかがでしょうか?

または、家庭内のことは、他人には分かりません。口実は何とでも作れると思いますよ!

保険屋に転職した元上司や元同僚から保険に入った

これも、よくあるパターンですね。

元上司や元同僚との、今の関係性はいかがでしょうか?

どうしても、保険料が負担で解約したいのであれば、その旨とお詫びの気持ちのみお伝えして、解約は契約している保険会社の窓口に直接解約の申し出をしましょう。

関係性が深い場合は、こちらの状況も理解してくださるのではないでしょうか?

それほどの関係性でもなければ、躊躇する必要もないような気がします。

 

親がお世話になっている(いた)保険屋さんから保険に入った

親の代から、お世話になっている保険屋さんというパターンもよくあることだと思いますが、今のあなたは、その保険屋さんとの関係性はいかがでしょうか?

なにか、引き続き大変お世話になっているということでしたら、解約しづらいかもしれませんが・・・お世話になっているほど、関わりが深いのであれば、正直に保険料が負担である旨、相談されてみては、いかがでしょうか?

または、友人が保険を始めて、協力してあげたいなどと言うのも、一つの手だと思います。

なぜ解約できないと思っていますか?

相手との関係性が気になっている

相手との関係性と、保険料の負担・・・あなたにとって、どちらが重要でしょうか?

保険料を負担してでも、相手との関係性が大事であれば、保険料を支払っている分、何らかの保障や保障が付いてきているのです。

お金を捨てているわけではないと思います。

ただ、どうしても捻出ができないのであれば、その旨を正直に話して、理解していただくことが、後々わだかまりがなくて、良いと思います。

無理な口実を言って、それが嘘だとバレる可能性がある口実だと、却って取り返しの付かないことになりかねません。

相手の成績が気になっている

相手の成績を、なぜ気にする必要があるのでしょうか?

保険は、あなたやあなたの家族を守るために入るものです。

保険屋さんの成績のために入るものではありません!

相手のペナルティーが気になっている

ペナルティーが大きいということは、保険に入って間もない時期ということでしょうか?

契約時には、予期せぬ出来事が起きてしまい、どうしても保険料を支払えないということであれば、正直に話をして、お詫びの気持ちを伝えて解約してもらいましょう。

また、保険契約から1年以上経っている場合は、ペナルティもさほど大きいものと思われませんので、気にする必要はないと思います。

 

相手のお給料が減ってしまうのが気になっている

上記、ペナルティと同じですが・・・

生命保険の場合は、1回の契約で、継続的に報酬が発生するといわれています。

とはいえ、主な報酬は契約時です。

1年未満ですと、報酬の返還が発生してしまうことも考えられますが、1年を超えていれば、さほど気にすることはないと思います。

ご紹介された保険が、本当に良い保険だと分かっていながら、どうしても家計が苦しくて継続できない場合は、他の知り合いをご紹介して差し上げる等も、考えてもよいかもしれません。

 

保険は誰のために入っているのですか?

何度も言いますが、保険は保険屋さんのために入るものではないのです。

今どきの保険を強引な売り方で売る方も、少なくなっていると思いますが・・・

保険に入る方のお役に立つために、保険をご提案するのですから、保険屋さんのことを気にして保険に入ること自体、間違っています!!

 

保険をどうしても解約できないということがあるのでしょうか?

保険を解約できないなんてことは、一切ありません。

契約している、保険会社の問い合わせ窓口に電話をして解約の書類を送ってもらって、必要事項を記入して、提出すれば、解約できます。

営業の方を通す必要はありません。

ただ、いつ解約の申し出が誰から入ったのか?は担当営業には必ず情報は行きます。

なので、解約できないということはありません。

ただ、解約すると損したり、とてももったいないという保険もあるので、引き留められている可能性もあるので、そのあたりを確かめたい場合は、保険の見直しサービスで、ファイナンシャルプランナーの方に、保険診断をしていただくとよいと思います。

その際は、一人だけではなく、2名以上に見てもらうとよいかもしれません。

 

 

 

 

コメント